カテゴリー: Northern Europe

ガイランゲルフィヨルド

【ノルウェー】ガイランゲルフィヨルド

フィヨルドの上を走る天空の道、天気がいいときは本当に気持ちいいが、天候が崩れた後半はひどかった。

 

後半1時間は「寒い寒い」と呟きながら雲の中を抜けてキャンプ場にたどり着いた。

 

カッパを着ていたが何時間も雨にぬれるとさすがに無敵とはいかず、濡れたダウンジャケットは明らかに保温能力を失っていた。

 

そんな状態でたどり着いたキャンプ場には天候の関係で三日もいることに。しかも土日が重なったために、近くの町に買い出しに行っても観光向けの店しか開いていない。

 

仕方なくハンバーガーを頼もうとしたら一つ1000円を超えている。100円ではなく1000円である。

 

俺は泣きたい思いでテントに帰って日本から持ってきた豚汁の元をチューブからすすりましたね。

 

あれってそのままだとしょっぱいんだけど(当たり前)、水を飲むと薄まってちゃんと豚汁の味になりますね(当たり前)。

 

そんなテント生活も天候の回復とともに終わりをつげ・・・いよいよ出発。

 

展望台からはフィヨルドに囲まれたガイランゲルの町が広がる。きれいなところだ、雨さえ降らなければ。

IMGP4968

夏の北欧を走っていて思うのは、日本晴れみたいな一面快晴の状態がほとんどないってこと。どこかしらに雲があって、それが上を通り過ぎると少なからずパラパラと雨粒を落としていく。

 

ゆえにカッパは靴を履いているのと同じ時間装備するようになった。

 

そんな苦労も絶景地があればこそ。これで風車が立っていたら完全にジブリに出てくる風の谷だ。

IMGP4979

再び海抜が上がっていく。さっきまでの緑が嘘のように岩肌がむき出しになった荒涼とした原野に出る。フィヨルドは氷河に侵食された地形だが、隆起も重なってかなりの高さがある。

 

そのため、大した距離を走らなくても変化の激しい景観を楽しむことができる。

IMGP5005

湖のわきに佇むホテル。車が並ぶ駐車場もこの季節だけにみられる期間限定のものだろうなぁ。

IMGP5034

相変わらず車は少ない。もちろん走っていないわけではないが、前後に車輌がいないのがデフォルトになってきている。

 

おかげで余裕をもって走れるが、反面不安だったりもする。そんな状態で複数の車がのぼっていく道を発見。ついていくと・・・

 

すげー!ほかの惑星みたい!

IMGP5050

山の頂上ですな、完全に。ちょっとマレーシアのキナバル山を思い出すような風景だ。

 

よくわからなかったが、何かの記念日で普段有料のこの道路がタダだった。500mlのコーラが350円する国だから、ちょっとした支払いも小さくない。

 

一年に一日しかない日にあたるなんてラッキーだ。

 

駐車場に車を止めて下を見下ろす。ここは景観重視なのか、柵というものがない。

 

そのまま落ちると数百メートル落下することになる崖から恐る恐る下を見ると走ってきた道が細い線のように走っている。すごい景観だ。

IMGP5063

振り返るとまさに天空の道。志賀草津高原道路も素晴らしい景観が味わえるけどこっちは迫力がすごいなー。ありがたやありがたや。

IMGP5115

さきほど見たホテルが脇に佇む湖。近くで見たら「青いなー」と思ったけど、上から見ると本当に真っ青。

 

湖の右側から川の水が流れ込んでるんだけどその近くだけ色が薄い、いつか見た北海道の摩周湖と同じような色だ。

IMGP5131

絶景路といってもやっぱりバイクは疲れる。ときどき休んではバッグを下し、近くを軽く歩く。道の横にある用水路には山の水を運ぶ小川ができている。この水があの湖を作ってるんだなぁ。

IMGP5147

日が傾いてくる。かなり北方なので、夜の八時でもこの明るさである(日の出は六時前)。そりゃ、このまま北上すれば白夜にも出会えるかもしれないな。

IMGP5206

結局この日は走れるだけ走ったのが裏目に出たのか、キャンプ場にはたどりつかなかった。

なので再びその辺で野営。

 

どこまで北に行くかは決めてないが、しばらくは寒さに耐える日々が続きそうだ。

 

それでは!

 

見てくださってありがとうございます。クリックのご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

2 Comments EuropeNorthern Europe

フィヨルドを縫う天空の道とウルム教会

【ノルウェー】ベルゲン→ウルム

 

ブリッゲンの観光はあいにくの雨でいまいちだった。地元の人いわく夏は雨が降りやすい地域らしい。

 

結局距離も伸ばせないまま適当な高原で野宿することにした。

 

そして朝、何者かの気配で目を覚ます。

というか、気配どころかテントの薄膜に押し付けられた顔の一部が浮き出している。

 

もう一度寝袋に潜って寝ようとしても鳴き声がうるさくて全然寝られない。

仕方ないのでテントから出て、そいつらを追い払う。

 

ほら!行った行った!

IMGP4569

 

普段ないもんだから興味深々なんだろうな。

ノルウェーの道には放し飼いの牛や羊が平気で歩いている。

 

さすがに車は怖いのか近寄るとそそくさと逃げるが、それでも平気で列をなして歩いている。

 

昨日はあいにくの雨に心おられて適当なところで野宿してしまったが、晴れてみると最高の絶景地に野営していたようだ。画面の左から延びる白い線は雲です。

IMGP4609

いやー!思わず最高の体験をしました、感謝感謝。

 

ちなみに後日知ることになるが、同日、ノルウェーの南部にある国立公園の高原は嵐に見舞われ、発生した落雷で300頭以上のトナカイが死んだらしい。

 

きっと今年のサンタさんたちはクリスマスに無職だ・・・

 

山は天候変わりやすいからね・・高原緊急事態だけにしようか。

 

でも、まぁ、朝起きてこの景色はすばらしいよね。ノルウェー来てよかったなー。

IMGP4612

荷物を積んで、エンジンを暖気したら出発。自分より暖かいものはお日様とエンジンだけというツーリング。やっぱり標高が高いのとそれなりに北にいるってのを実感するなぁ。

 

さっき追いかけた牛がいたので軽く別れの挨拶を・・・って、追いかけたの怒ってる?

IMGP4644

フィヨルド地形の上を伸びる道路は爽快そのもの。まさに天空の道という様相で最高に気持ちよかった。峠道を上る度に、山に残る残雪と同じ高さになる。

IMGP4824

こんな気持ちいい道が走れるのも短い夏の間だけ、峠道に入る度に冬季封鎖用のゲートがあった。そういう道には両脇に木の棒が一定間隔で刺してある。

 

たぶん積雪時に道路がわかるためのものなんだろうなぁ。

 

こんな気持ちいい道を飽きるまで走ったらフェリーを乗り継いで世界遺産「ウルムの木造協会」へ。この世界遺産は行きにくいことで有名らしい。

 

看板に従って港最寄りの駐車場に停めたら結構歩くはめに・・でも、協会の横には駐車場が完備されているという・・・

 

ウルムの木造教会は1130年ごろに作られたノルウェー最古の教会の一つなんだって。黒死病が流行した当時は患者の受け入れ先にもなったらしい。ノルウェー4大フィヨルドのうちのひとつ、ソグネフィヨルドを見下ろすように建てられていてる。

IMGP4746

入ろうとしたら「You need buy a ticket」の文字。教会内部の閲覧が有料ってのは新鮮な感覚だ。

 

まぁ、木だしね。維持費とかすごいかかるのかもしれない。下の写真は教会側面にあったレリーフ。

 

なんとなく適当に撮ったけど、後で調べてみたら蔦の模様が「終わらぬ善と悪の戦い」を表してるんだって。

 

深すぎて逆に何も感じられなかった・・・

 

蔦なのはわかったから、ノルウェーの人自然好きなんだな、くらいに思いましたね。

IMGP4784

中には女性の牧師さんがいて、私のつたない英語の質問に丁寧に答えてくれた。この協会は普段使いもされていて、結婚式を挙げにくるノルウェーのカップルも多いらしい。

 

写真撮影禁止のマークがついてたけど、「人が少ないから撮っていいよ」と言われた。教会内部は狭いので見学する人を効率よく捌くための措置らしい。

IMGP4786

今まで見てきた教会って内部まで荘厳で、キリスト像や周りの装飾なんてそれこを金ぴかとかそういうものばっかりだった。

 

けれど、この教会はそういったら煌びやかさがなく、当時できうる限りの彩色を施したという印象を受けた。

 

ちょっと色使いがタイの寺院とかでありそう。

 

牧師さんにお礼を言って駐車場まで歩く。最近寒くてしょうがなかったが、久しぶりに小汗をかいた。

 

そしてまた絶景が続く道を走りだす。ノルウェーは本当に湖が多く、豊富な水資源に恵まれていることをそこかしこで感じる。

 

高所特有の風が止むと湖は巨大な鏡になって、絶景を映し出す。

IMGP4864

IMGP4931

 

このあと寒い寒いと言いながらキャンプ場に到着。一回で5分間だけ稼働するホットシャワーに至高の贅沢を見出して就寝。

 

夜は寒いのでエマージェンシーシートという体に巻いて使う銀マットがないと寝れなくなってきました。

 

まぁ、これで温かかったら混み混みだろうから逆にありがたいのかもな。

 

明日はいよいよノルウェー最大のフィヨルド「ガイランゲルフィヨルド」を見に行きます。

 

それでは!

 

いつも見てくれてありがとう!クリックのご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

No Comments EuropeNorthern Europe

あいにくの天気で立ち往生、世界遺産のブリッゲン

【ノルウェー】第二の都市:ベルゲン

今日も今日とてキャンプ場で目を覚ます。やはりここは寒いようで朝起きて外に出ると息が白かったりする。まだ八月なのに。

 

昨日の頑張りもあって、最初の目的地でノルウェー第二の都市、ベルゲンまではわずか数キロだ。外は雨が降っているが、まぁ走れるだろう。石畳は滑るから特に気を付けないと。

 

ベルゲンの街は観光が盛んだ。世界遺産のブリッゲンもあるし、高台から俯瞰する街並みはとても見ごたえがあるという。この雨だから絶景の可能性は薄いんだが・・・とりあえずナビに目的を打ち込んで出発。

 

走って走って、峠道に入り・・・あれ?昨日ネットで調べてこんな感じだったっけ?

と思ったら、案の定違いました。明らかな登山ルートを車道だと勘違いしてるみたいだった。

IMGP4409

ナビにも間違いはあるからしょうがないね。

そもそも町を俯瞰できる高台に行く正規ルートは実は自走ではない。ロープウェーがあり、それを利用するのがオーソドックスらしい。

 

いけたらいいなで来てみたけどマイナールートは残念ながら無理そうなので王道を行こう。

 

それっぽい場所を探しながら、周りを観察する。ベルゲンの町並みは首都オスロから比べて大分マイルドな感じだ。背の高いビルほとんどなく、建物自体は密集しているものの静かな町だろうと感じた。

 

ロープウェー乗り場以外。

 

そこはもうひどかった。駅に入りきらないのはもちろん、そこから四列くらいの行列が100m以上伸びていた。あそこだけ新宿駅のようだ・・・

 

雨が結構強い、本降りというやつだろう。いくらカッパを装備しているからといって15kg近いバッグを持って雨の中待ちたくはない。これも縁だと思ってもう一つの名所、ブリッゲンに向かう。

 

ブリッゲンは簡単に言うと古くからの倉庫街で、北方からの魚や南方からの穀物を貯蓄し、やり取りする場所だったそうだ。中世にドイツ人が中心となって北方の貿易を支配したハンザ同盟の重要なポイントだったことが評価され、世界遺産として登録されている。

 

バイクを近場のパーキングに停めて、ブリッゲンに向かって歩く。雨は強くなるばかりだ。

 

この町の観光を楽しみにしていた人たちは残念だろうな。

IMGP4417

色とりどりの景観も、曇天の光量でくすんで見える。オシャレな一角なのは明らかなんだけどみんな写真を撮ったらすぐにどこかに行ってしまう。今日は商売する側にもよくない日だな。

 

とにかく雨が強い。世界遺産の真っただ中にいるのに皆、一様に雨宿りしている。例にもれず同じ場所で一休み。予報だと一日中降るといっていた、問題はいつ弱くなるかである。

IMGP4432

どこにも行けないというのもあって、近くの博物館に行くことにした。ブリッゲンを支配していた商人たちがこぞって足を運んだ場所らしい。

 

この集会場は会議や食事、パーティやゲームなど娯楽や仕事の中心として機能していたそうだ。

 

とりわけ、ここはブリッゲン近くで火を唯一使っていい場所だったらしく、温かい食事にありつけるとあって多くの人でにぎわった。

 

ほかの場所で火を使っていけないのは幾度となく、火災が発生して町がダメージを受けたからなんだって。

IMGP4436IMGP4469

IMGP4479

ここを出てからまたまた雨が強くなり、いよいよ無理だということでセブンイレブンに避難。店長が理解ある人で三時間ほどダラダラしていたと思う。

 

雨宿りこそできたものの、小雨に変わるころには目的地に到着するのが難しい時間になっていた。まぁ、無理して事故るよりよっぽどいいか。

 

途中、見かけた滝が水量を増して濠瀑と化していた。ここも観光名所らしくたくさんの車が近くに止まっていた。

IMGP4489

実際に眺めると音もあるし、かなりの迫力なんだけど写真で見るとショボい。水が氾濫する様を伝えたくて一部を切り取ってみた。

IMGP4551

なんかパッとしない一日だったなー、まぁこんな日もあるか。

明日は取り返せることを祈って早めに寝よう。

 

それでは!
いつも見てくれてありがとう!クリックのご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

2 Comments EuropeNorthern Europe

絶景地ノルウェー

【ノルウェー】首都:オスロ→ベルゲン近郊

 

無事フェリーに乗り込んで、翌朝にはノルウェーの首都オスロに到着した。

 

船内の朝食で惣菜パンを買ったら800円もした、デンマークでノルウェーから来た人たちから散々「買えるものはここで買っていけ」と言われた理由を実感する。

 

船内放送の内容はわからないが人の動きをみているとどうやら上陸らしい。仲良くなった友人たちに別れを告げて自分のバイクのところへ。

 

日本のフェリーはベルトを何本も使ってガチガチに固定するけど、こっちでは後輪をベルトで縛っただけである。まぁ、日本の海が荒れるってことなんだろうな。

IMGP4203

いざ着岸してもなかなか上陸できない。車から出て話はじめる人もいた。

IMGP4211

出口付近は思った通りかなり混雑していた。フェリーから降りた最初の信号のところで立ち往生してしあうのだ、しばらくはここから出られそうにない。

 

港から出るときにちらりと「CUSTOM」の文字が見えたが、その係っぽい人が何も言わないのでこのまま通ってしまう。お互いめんどくさくない阿吽の呼吸。

 

オスロ市内はとにかく工事中の場所が多かった。夏のうちに集中してやってしまえ!ということなのか、はたまた凄まじい発展の最中なのか、とにかく色々なところで工事していた。

 

町全体の印象はやはり都会ではあるものの、そこまで大きくはない感じがした。私目線だとかなり辺境の地のはずだが、それでも高いビルが乱立しているのを見ると「人間っていすぎだな」と感じる。

 

そんな感想も30分ほど経てばまったく別のものになる。この日は風がないのか、湖や池の水が揺れておらず、紺碧の空と美しい緑の森が水面に移ってとてもきれいだった。

IMGP4245

降雨に恵まれるのか湖沼が多く、道々で見かける。この日の条件があいまってそれらが鏡のように景色を反射して、忘れられない光景をたくさん見ることができた。

IMGP4269

そこからは走っても走っても絶景だった。

 

大聖堂のような圧倒的と感じる光景もいいが、気分爽快になるような絶景は本当に良い。高所を走っても点在する湖沼は周りの色との対比が素晴らしく何度もバイクを停めた。

IMGP4322

絶景の連続。

 

「雄大さ」を感じる一日だった。こういうところに来たかった!

ノルウェー来てよかった!

IMGP4368

IMGP4397

写真を撮りすぎて目的地まで到達することができなかった。

12時間は行動したんだが・・・

 

こんな調子ですばらしい絶景に何度も巡り合えるといいな。

頼むぞ、ノルウェー!

 

それでは!
いつも見てくれてありがとう!クリックのご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

No Comments EuropeNorthern Europe

ヴァイキング発祥の地

【デンマーク】 コリング→リーベ→フレデリスクハウン

 

物価があほほど高いとさんざん聞いていた北欧で初の買い物。

 

ガソリンの入れ方が今までと違う。ドイツ以南の国々ではガソリンを入れた後、レジに行って支払いを済ませる。

 

でも、デンマークだと先に何L必要か伝えてその分のガソリンを買ったあと、給油のあまりを返してもらうという方式らしい。

 

レジに二回行かなきゃいけないのか・・・めんどいな

 

ガソリンを入れたあともらったレシート。

IMGP3916

長すぎ。

 

こんなに書くことないだろ・・・

 

田舎のガソリンスタンドでもらえる電車の切符二枚分くらいの長さしかないレシートっていいよね、財布にやさしい。

 

ついでに朝ごはんも買ったよ!コーラと惣菜サンドイッチで900円

IMGP3918

高い!高すぎる!

 

コーラが300円近いとは・・・タイだと70円だったというのに。

これから先は気合を入れていかないと破産しそうだ。

 

デンマークを北上する。中央ヨーロッパから北欧の入り口であるこの国を経由してノルウェーやスウェーデン、フィンランドといったスカンジナビア半島に存在する国々に行く方法は二つある。

 

一つはオーレスン・リンクと呼ばれる大橋を渡ってスウェーデンに行く方法。この橋はトンネルとセットになっているので、上空から見ると海に吸い込まれていくように見えるという。

 

まぁ、海ほたると一緒なわけです。

 

もう一つはフェリーに乗って、デンマークの北の町フレゼリスクハウンからスウェーデン・ノルウェーのどちらかに行く方法。ノルウェーの首都オスロへ向かう。

 

出発は夜、到着は朝という安心設定、13時間かかるそうな。これに乗りたいがために北上中。

 

たしかにツーリングをしに来たんでそこから考えるとひたすら自走という答えになるんですが、結局かかるお金って自走してもそんなに変わらないんですよね。

 

だって、オスロまで橋を渡っていくとどうしても数日はかかる。そこにはもちろん宿泊費や食費、ガス代も加わってくるわけで・・・だったらフェリーで休みながら進むのが得じゃーん!ってなるわけです。

 

ただ、それだけが目的だとデンマークを通過するだけになっちゃう。それはもったいないのでその途中にあるバイキングゆかりの街リーベに寄ることに。

 

田舎道を走っていると散水車が虹を作っていた、癒される。

いい仕事してますなぁ。

IMGP3935

そのあとも起伏が全然ない道をひたすら進み、リーベの街に到着。山とか全然ないな。

 

最高のツーリング日和を肌で感じながらリーベの街に到着、昼にちょうどいいと夜寒いから気を付けないと。リーベの町の通りはおしゃれでのどかないいところだ。

IMGP3944

時折バイクが石畳の街を通り過ぎていく。町はデンマークの片隅にある感じだけどひょっとしてツーリングスポットなのかな?まぁ、綺麗だもんね。

IMGP3946

そんなのどかな街のアイデンティティがこれです。

 

ヴァイキング博物館。ここリーベはヴァイキング発祥の地と言われている。IMGP3960

ちなみにこの左のちょっとクレイジーな顔はヴァイキングがあがめてた神様らしい。

 

ヴァイキングって言ったら北の海を荒らしまくる海賊集団ってイメージですね。

 

正直、ヴァイキング自体に興味はあんまりないんですが、他文化を知るって中でも、その地域の人たちのルーツを知るのはすごく大事。というわけで入場。

 

中には当時の暮らしに焦点を当てた展示がいっぱい。やっぱり最初はテントっぽい場所しかなかったのか、こんなに寒い地域なのに・・・IMGP3983

当時のヴァイキングが着ていた服。あったかそう、でもあんまり戦闘用っぽくないね?

IMGP3993

マネキンを使った当時の暮らしの再現。

あれ?酒池肉林の大騒ぎじゃないの?

 

天空の城ラピュタのドーラみたいなのを創造してたんだけど・・・

IMGP4028

展示スペースのそこかしこに詳しい説明が。丁寧に3つくらいの言葉で書かれてました。

 

全部理解するのは無理なので意味のわかる部分を拾いながら理解を深めていく。IMGP4057

ふむふむ

・・・

つまり、ヴァイキングという言葉はスカンジナビア半島に住んでいた人たち全体を指すっぽい。

農業とか漁業とかを営みながら交易を重ね、領土というか住む場所を拡大していったそうな。

 

武器もたしかに持ってたけど、そのイメージだけが広がっちゃったのかもなぁ。

武装集団について知識が深まると思ったけど、昔の北欧の暮らしぶりについて勉強になった。

 

さすがに縄文時代とかとは比較できないけど、やっぱり人類ってのは同じような変遷を辿っていくんだなぁ。

 

ヴァイキングに対する勝手な誤解が解けて、スッキリしたらフェリー乗り場のあるフレゼリスクハウンという町へ。

夕方についたときには、その日の便には間に合わず、次の日のものを購入した。

 

フェリーのチケット売り場で操作が全然わからず困っていると係りの人が助けてくれた。結局電子端末が使えなくて、受付コンピューターから直接入力してもらった。

 

ありがたくてお礼を言ったら「あの機械すぐおかしくなるんですよ」と、さわやかな笑顔が返ってくる。紳士すぎる、感謝です。

IMGP4113

チケットを取ったら地味にやることがない。普段は日が落ちるまでひたすら走っているが、明日の目的地に今日の時点で着いてしまっているのだ。

 

たまにはいいかと思ってこの日はキャンプ場へ。

フェリーニ乗ったら次はノルウェーか、寒くないといいな。

 

それでは!
 

いつも見てくれてありがとう!クリックのご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

No Comments EuropeNorthern Europe